<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

レニャテーロス工房と荒木珠奈のはじめまして京都展のお知らせを恵文社のスタッフブログで書いていただきました。

恵文社は、今月号の雑誌BRUTUSにも特集されています。
「なぜ、京都の<恵文社一乗寺店>は、わざわざ全国から客が訪れる本屋なのか?」
a0179650_18462634.jpg


本好きに、滞在半日覚悟と言わしめる魅惑の本棚作りなどについて、店長さんが語っています。


今回の“レニャテーロス工房と荒木珠奈のはじめまして京都展”は、机1個分とその背景の壁が展示スペースです。
どんな構成にしようか…私も考えております。
[PR]
by kamihanga | 2011-05-22 18:53 | 展覧会

b0180796_23201127.gif

大阪のメキシコ雑貨店PADさんで、レニャテーロス工房の作品の取り扱いが始まりました!
ネットショップはこちら→PAD

CD「SUEÑOS CONJUROS -DESDE VIENTRE DE MI MADRE-」
(呪文の夢ー母のお腹の中からー)
ツォツィル人女性や子供が歌う、死者の日の歌、織りを覚える為の歌、トラが踊るときの歌など。
シルクスクリーン刷りのケースを開いて立てると、ロウソクが灯った祭壇のようになります。
b0180796_23282549.jpg

このCDとてもおすすめです。
ツォツィル語の呪文、女性がうたう歌、子どもとおばあさんが歌う声、ラジオの声…など。チアパスの山中の村にすっと連れて行かれる様な不思議な不思議なCDです。

まだ日本には、わずか15枚しか入ってきていません!
[PR]
by kamihanga | 2011-05-16 23:35 | ニュース
荒木珠奈とレニャテーロス工房の“はじめまして京都”展のフライヤーができました!!
デザインは、福間優子さんと山田益弘さんです。レニャテーロス作品のセンスや手触りが、小さい中にぎゅっとデザインされています。
a0179650_934026.jpg


a0179650_943838.jpg


折りたたむと、手の中に入ってしまう可愛いサイズ感や、屏風のように立てても置けるのもいいです!リサイクル素材でできたレニャテーロス工房の作品のように、100%再生紙です。きっと飛ぶように無くなってしまうでしょう。見つけた方はどうぞお手に取ってみて下さい。
関西のお友達へおすすめして下さい。そして、京都・恵文社一乗寺店へおこしやす。

a0179650_96252.jpg
(c)福間優子
まずは、500部を屏風折りにしなくてはなりません…。
日曜日に「折り折りパーティ」を企画しました。そういう仕事大好物、という友人が3名手伝いにきてくれます。飲んだり食べたりしながら、楽しく折り折りする予定です。


デザイナーの山田さんと福間さんは、メキシコ旅行をした時に長屋美保さん(ソトコトにレニャテーロス工房の記事を連載してくれてました)と知り合った縁で、レニャテーロス工房作品に引き寄せられ、1月の金沢文庫での展示にきてくれました。
素敵なデザインをどうもありがとうございました!!

京都近郊のお店やギャラリーなどで、うちにも置けますという方がいましたらnenesolkai@gmail.comへお知らせ下さい。よろしくお願いします。
[PR]
by kamihanga | 2011-05-12 09:26 | 展覧会